『膜厚計・分析計・顕微鏡アクセサリ』の輸入販売
株式会社フレックス・サービス

MENU

お電話でのお問い合わせ

047-487-0552平日9:00~17:00

サポート

弊社より販売した旧CMI/Oxford社の旧モデルの修理・校正について、製造メーカーの生産終了に伴い以下のようなサービスになります。

 

生産終了 修 理 校 正

備  考

後 継 機
 CMI600  抵抗式銅膜厚計 2002年 ×  保守部品入手不可 CMI730/760
 CMI900  蛍光X線膜厚計 2012年

 部品一部入手不可

(制御基板の一部入荷不可)

X-Strata920
 CMI950/950R  蛍光X線膜厚計 2005年

 部品一部入手不可 

(制御基板の一部入荷不可)

 問合せ下さい
 X-Strata960  蛍光X線膜厚計 2008年 ×  部品入手不可  問合せ下さい
 X-Strata980  蛍光X線膜厚計 2014年

 まもなく部品入手不可

(モデルにより校正可能)

 問合せ下さい
 Osprey8000  光式膜厚計 2009年 × ×  部品入手不可  -----
 Twin-X  蛍光X線分析装置 2009年

 部品一部入手不可

(制御パソコン等)

 X-Supreme8000
 LabX3500  蛍光X線分析装置 2018年  LabX5000

メンテナンスの申し込について

旧OXFORD Instruments社製品について(現日立ハイテク・アナリティカル・サイエンス社)

当社は、旧Oxford Instruments社膜厚計の、日本で唯一の認定サービスセンターです。

日立ハイテク・アナリティカル・サイエンス社へ移行後も販売・サービスを継続しています。
トレーニングを受けたサービスマンが、ご購入いただいた各種膜厚計の校正・修理等のメンテナンスにお応えいたします。
修理ご依頼前に、お手持ちの機器マニュアルのトラブルシューティング等をご参照ください。

 

メンテナンスのお申込み(送付修理について)

下記製品の校正・修理は、当社まで装置をご送付いただいて、メンテナンスを行います。
当社にご送付いただく際の送料は、お客様にてご負担願います。

修理品をご返送する際の送料は、当社にて負担いたします。

 

下記のメンテナンスサービス依頼書を印刷して、必要事項をご記入の上、
当社までFAXにてご送付ください。お電話でのご連絡も承ります。
TEL:047-487-0552 FAX:047-487-0558

メンテナンスサービス依頼書 ダウンロード(147KB)

蛍光X線膜厚計・分析計(CMI 900、X-Strata、Lab-X、Twin-X、X-Supreme、BOWMAN)は、お問い合わせフォームからご相談ください。

 

 

対象製品 CMI 165
CMI 600
CMI 701-E、CMI 701-M、model 730、model 760
CMI900、X-Strata920、LabXシリーズ、Twin-X、X-Supreme8000 ( 症状等により)
BOWMAN社製 蛍光X線装置 ( 症状等により)

 

ご送付先

〒276-0037 千葉県八千代市高津東4-8-26
株式会社フレックス・サービス     TEL:047-487-0552

 

引張試験機・加熱/冷却ステージについて

原則、工場へ送り返しての修理になります。

海外との協力

サービス

弊社の取り扱っている製品の海外メーカー、日立ハイテク・アナリティカル・サイエンス社、DEBEN社、BOWMAN社の世界に販売網があります。 国内設備の海外移設や海外での購入を検討されている場合、弊社がサポートを支援致します。

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

047-487-0552平日9:00~17:00
  • 〒276-0037
    千葉県八千代市高津東4-8-26

メールでのお問い合わせ

サポート

PAGETOP